小さければレーザーで治療|いぼを除去する方法【皮膚科か美容整形外科を選択】

いぼを除去する方法【皮膚科か美容整形外科を選択】

小さければレーザーで治療

看護師

患部を触らないように

サイズの小さいいぼを治療する場合には、他の箇所に拡散する前に早く除去する事が出来るレーザー治療が人気です。ウィルス性のいぼであっても、出来ている箇所をすべて除去してしまう事で増やさずに済みます。また、治療にかかる期間も短く済むので、仕事や学校で忙しい方にも好評です。大きくなってしまったいぼや根が深くなっているものの場合には、メスを使用して除去する事になりますが、美容皮膚科では傷跡を残さないケアを行っています。また、レーザーを複数回使用して根を少しずつ除去する方法を取り入れている美容皮膚科もあり、跡が残りにくい治療方法として人気となっています。普段から予防を行いたいという方のために、ヨクイニンを服用していぼが出来にくくなるようにする方法もあり人気です。レーザーやメスで治療が終了した後でも、今後の予防策としてヨクイニンを服用する方もいます。いぼが出来る原因のひとつであるとされている紫外線対策を行う事も重要視されており、皮膚に優しい紫外線対策の日焼け止めを販売している美容皮膚科もあり便利です。治療に通っている間も、首回りに直射日光が当たるのを防ぐストールや身体全体を日差しから守る日傘などを使用して通院すると安心です。年齢や性別に関係なく、いぼが出来た場合には増える前に治療を行う事が大切です。原因にはいくつか種類があり、老人性と呼ばれるタイプのものは加齢に伴って出来ますが、ウィルス性のものは年齢とは関係なく移るとされています。特に、ウィルス性のものは小さなお子さんでもプールなどで感染する可能性があるため注意が必要です。患部が気になるからといって、掻いたり頻繁に触ったりしていると、ウィルスが周辺に拡散して数が増えてしまうので早めの治療を心がけます。また、家族の誰かがウィルス性のいぼにかかっていると、一緒に暮らしている他の家族にも次第に広がる事があります。治療を行う際には、いぼが出来ている家族の全員が治療を行うと治りやすくなるので、家族で相談すると安心です。予防策として、家族共有で使用するものを減らすなど気をつけると、家庭内での感染を防ぎやすくなります。例えば、手を拭くタオルなどを家庭内で共通のものを使用せずに、使い捨てのティシュなどを使用するとウィルスの感染確率を減らす事が出来るのでオススメです。お風呂の使用でも移る可能性があるので、同じ湯には浸からないように感染者が使用したお湯は交換したり、銭湯には通わないように気をつけたりすると他の人に移しにくくなります。