痛みが少ないのが特徴|いぼを除去する方法【皮膚科か美容整形外科を選択】

いぼを除去する方法【皮膚科か美容整形外科を選択】

痛みが少ないのが特徴

カウンセリング

傷跡が残りにくいです

中高年以降の年齢になると、皮膚の老化が原因で足の裏や、顔、胸、首などに盛り上がった形状のいぼが出来やすくなります。老人性のいぼは紫外線や古い角質が溜まることで起こりますが、ウイルスが原因ではないので、人に感染する心配はありません。ウィルス性のいぼは自分で削ったり、はさみでカットしたりしてしまうと、健康な皮膚にウィルスが感染してしまう原因になります。年齢よりも老けた印象を与えてしまうので、美容外科のクリニックを受診して治療を受けたい人が増加しています。サリチル酸は古い角質を軟化させる働きがあり、皮膚の新陳代謝を高める効果があります。美容外科のクリニックでは、サリチル酸が含まれている外用薬を処方してくれるので、いぼの目立つ部分に適量を塗っておくと良いでしょう。液体の薬の場合は患部に塗っておくだけでよいですし、絆創膏の形状の商品は、3、4日に一回はがして、チェックをすると良いでしょう。比較的小さいいぼの場合は、外用薬を続けることで改善することもあります。美容外科のクリニックでは、マイナス196度の液体窒素を綿棒などでつけて、焼き切る方法なども行っています。直径が5mm以上の大きさの場合は、外科手術が必要になることもあります。美容外科のクリニックでは、専門的な知識を持っている医師が在籍をしており、一人一人の皮膚の状態に応じた治療法を提案してくれます。直径が5mm以下の場合は、液体窒素やレーザー治療による切除を行うことが多いです。なるべく傷跡を残さずにいぼを切除したい人が多いですが、レーザー治療は傷跡が目立ちにくく、ダウンタイムも少ないのが特徴です。直径が5mm以上の大きないぼの場合は、外科手術を行うのが一般的です。電気メスを使用して切除する方法は、痛みがほとんどなく傷跡も目立たないので安心して施術が受けられます。美容外科のクリニックによって、費用の相場が違ってくるため、料金が明瞭でわかりやすいクリニックがお勧めです。口コミで評価の高い美容外科のクリニックを選ぶと、豊富な知識や経験を持った医師が在籍をしており、安全性の高い施術を行っています。複数の美容外科のクリニックを比較して、平均的な相場の所を選んで下さい。優良な美容外科のクリニックでは、無理な勧誘などもなく、丁寧なカウンセリングや診察が受けられます。最新の医療機器を搭載しているため、幅広い年代の人が通院をしています。いぼは遺伝などで若い20代の人にも見られるため、早めに受診しましょう。